2011年11月18日

シェアスープ・写真拾遺1

岸井です。
3週間鍋がおわり、早くも3週間経過しました。早いなあ。

鍋の写真、終わってからもいろいろいただくので、アップしていきます。
本日は池田あゆみさんから
nabe1.jpg
夜中に池田あゆみにより粉々にされ、インスタレーションされたミカン。これはまだ開始一週間目。夜になれるまでは、ストレスフルなことをしていました。
nabe2.jpg
演劇人テラオ夫妻によるテアトリカル鍋(岸井が勝手に命名)10日目。このあたりから、鍋をする人と他の人の間にできる空間が気になり始める。奉行になると、「客」をどう考えているかが所作に出るのだ。考えるきっかけをいただけてよかった
nabe3.jpg
ゲームプロデューサー五十嵐さんが、鍋にいれそうでいれない食材として持ってきてくれたハンバーグのパテ。最初は工夫なく普通の鍋にいれようとしていたところを、ポンこと下本地さんがイタリア風の味付けにしてくれた。
nabe4.jpg
タイム・ローズマリー・ガーリック・白ワイン・トマト・玉ねぎ・ズッキーニ・人参・ジャガイモ入り。
最後にチーズ。このレシピはその後何回もやった。おいしい
nabe5.jpg
3週間のうち10日はとまっていた三重くんのパフォーマンス。人がいない時はずっと書いていた。結局三重君と須田さんと岸井がずっといたなあ、と思う。東京の条件って、そういうプロジェクトですよ。
nabe6.jpg
最終日。3週間にた鍋をぞうすいにしているところ。最初は、三週間にて腐るんじゃないかとかまずくなるんじゃないかとか心配していた。いやしかし。やっぱり長時間に田辺はおいしくなるんですねえ、ちゃんと。
nabe7.JPG
最終日は14人きてくれました。終わる10分前に来る人にもコンセプトの説明をいつもどおりします。バタバタしていました。感動のエンディング、みたいにならなくてよかった。こういうプロジェクトは最後まで批評的であることこそ大事なんです。
nabe8.JPG
三週間鍋で作ったぞうすい。おいしい。
nabe9.jpg
3週間鍋終了後も、会場はシェアこたつとして使われます。発案者・サイトウケイタ
nabe10.jpg
土鍋でホットケーキを焼く技術を身につけました。焦がさずに全体に火を通すために1時間かけて焼きあげます。ご希望あれば焼くよ。

シェアスープの写真など或る方は、ぜひ岸井まで送ってください。
お待ちしています!


posted by 岸井大輔 at 01:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。